~ブルーカラー日記~

ただの会社員が日々感じていること。時にこうなったらいいのになぁ…と思う事を、独断と偏見で綴るブログ。

アインシュタインのみた世界

 後輩との会話の中で、この世の中に「量子力学」なる学問が存在することを知った。

 

もともと理数系だったというその後輩から色々と話を聞くうちに、数学や物理の世界に興味を持ってしまった…。

 

 彼がいうには「量子力学」と「相対性理論」というものが二つで一つみたいなもんらしい。

 

どっちも知らんが、相対性理論は聞いたことだけならある!と思い、まずは相対性理論の入門書を読んでみる。

 

 もともと大の数学嫌いで、そもそも大学にも行っていない私がなんて大それたものに興味を持ってしまったんだろう…笑。

 

 若者よ、勉強は若いうちにやっておけよ。

 

 

「相対性理論」を楽しむ本 よくわかるアインシュタインの不思議な世界 (PHP文庫)

( 以下はこの本を読んだだけの私の勝手な感想…。はなはだ理解に至ってるわけはないが、感銘を受けた事は確かだ!)

 

私が理解した相対性理論

 相対性理論」を考えたのはご存知アルバート・アインシュタイン

20世紀随一の物理学者として有名ですよね。「じゃあ相対性理論って何なんだよ」ってことを説明できる人は私の周りには一人もいない。

(後輩にさわりを聞いたわけだから正確には一人だけ)

 

 私が理解した相対性理論はこういう感じ。

 

この世界では信じられない現象が起こっていて、それを確かな事実として証明したのがアインシュタインの「相対性理論

 

この信じられない現象が、本当に信じられない…。

 

 相対性理論のぶっとび事実

 アインシュタインが新しく発見した事実の例がこちら

 

・光の速度は常に一定

・時間は遅れる

・時間と空間はくっついてる→「時空」

・時空は重力で歪む

・物質には莫大なエネルギーが秘められている

 

 ちょっと何を言ってるのかわからないが、紛れもない事実だそうです。

 

 この中でも個人的に特に興味をそそられるのが「時」と「空間」が連動しているということ…

 

時間と空間で「時空」

 「時空を越えて」みたいな言葉を映画や本、マンガやアニメなどのフィクションの世界で耳にしたことはあるけど、実は「時空」という概念はフィクションじゃない。

 

 そもそも「時空」って一体何なんだ?

 

 「時」と「空間」で「時空」。

 

 つまりは空間が歪むと時間が歪む。時間と空間は連動している一つのものなんだ!

この事実を突き止めたのがアインシュタイン

 

 念を押しておきますが…

 

 この「概念を発明した」のではなくて、「この事実を突き止めた」のがアインシュタイン

 

 そうです。本当の事なんですってよ!(本当に驚きです。)

 

 

 最近読んだ本の中で「サピエンス全史」がかなり興味深くてかなりヒットだったのですが(歴史も今までとんと興味がなかった…本当に勉強は若いうちにしとけよ。)

 

その中で、過去の労働は日の出から日没を目安に農耕を主体にしていたが、産業革命の時期に労働形態が変わって、労働者が全員均一な労働時間で働くために一気に時計が普及した…みたいな内容があったので、てっきり「時間」というものは人間が勝手に作り出した「概念」なのだなぁと理解していたのですが、実はそうではない!と。

 

 時計は人間が創りだしたものだけれども…

 

「時」は宇宙が生まれたその瞬間から確かに存在するものであって、「空間」と一緒に遅れたり早くなったりする「自然物」であるというのことが発見された!という事。

 

 故に、難しい専門的な事は私には説明出来ませんが、空間が歪めば連動している時間も歪むし、ブラックホールに近づくと時間が止まるし、光速に近いスピードで加速度運動をしてきた宇宙船が地球に帰ってきたら猿の惑星になってしまっていた…というのも現実に起こりうる!という話。

 

 こんな事実が100年以上も前に発表されていたのに、私はついぞ数日前まで知りませんでしたよ。

 

アインシュタインの見た世界

 「地球は平ら」という常識から「地球は丸い」という常識に変化した時代は、科学者以外の、私達一般市民はどんなリアクションをしたんだろうか?

 

きっと、ぽかんとしてよくわからないままに一生を終えたに違いない。今私がそうであるように。

 

 重力が光を曲げる。無重力だと時間が早い。

 

こんなことを実際に経験した人が今現在一体何人いるっていうんだろう?

私にはさっぱり想像もつかないし、おそらく私の一生では体験しないまま終わってしまうと思う。

 

 発表されてから100年経っているのに、一般人にはさっぱりわからない相対性理論

つまり身近に感じられる文化や技術や思考がまだ一般人にまで届いていないということ。

 

 逆の立場に立ってみると…

 

 100年先の未来人も知らないこの世の中の本質を、「数式」という魔法を使って見抜いたアインシュタイン

 

宗教ではなくひらめきと計算の力で未来を予言した偉人からは、どんなふうに世界が見えていたのかを想像すると、ロマンを感じずにはいられない…。

 

 

あぁ本当にもっと若いときから勉強しておけば良かった。

 

 次は一緒に購入した「量子論」の入門書に手をつける…。