~ブルーカラー日記~

30代の男性会社員。第一子誕生に向けて育休を取得しようと決意。パタハラを感じる日々に憤りを感じ、発散がてらブログに綴る。

仕事は目的?or手段?

ずいぶんと嫌われたもんです。

 

6カ月の育休を取得すると宣言すると、ある一定の数の人間からはかなり嫌がられるみたい。

 

職務上必要な情報が回りにくくなってきます。

職務上必要な確認をするとかなり迷惑そうな顔をされます。

全員ではありません。

 

あくまでも一定の数の…おそらく少数の人だと思いますが、上記の類の人が必ずいるみたいです。

 

 

そこで思ったんですよ。

多分、これは一生すれ違いっぱなしの問題なんだろうなぁ、と。

 

 

仕事に対する考え方って人それぞれ。

って言いますよね…

 

けど、大きく分けたら2つに集約されると思うんですよね。

 

 

仕事とは…

 

「お金を稼ぐ為の手段」

だと捉えてるタイプの人と。

 

「仕事=アイデンティティ

だと捉えているタイプの人。

 

 

 

 

私は完全に手段タイプ。

 

収入が必要だから働いている。それ以外の目的はない。

 

けどその中で仕事に必要と思った能力、その職場以外でも役に立つ能力、純粋に興味がある分野を吸収していった結果、たまたまある程度の評価をされてきた。

 

だから本質的には、全然自分を殺してないし、会社に対しての帰属意識はおそらくほとんど無い。

 

だからこそ、いざとなったらいつだって家族を優先するし、育休を取得する権利を主張出来るのかも知れない。

 

同僚に迷惑をかける事に申し訳なさはある。けど後ろめたさはない。

 

 

 

そんなスタンスが、もう一つのタイプの人間には甚だ許せないのかも知れない。

 

あちらのタイプの人は

いつだって会社を優先してきたし、自分を殺し、家族にも寂しい思いをさせてきた。

(むしろ寂しい思いをさせてると思えたらそんなタイプにはなってないかも…)

 

仕事を一日の(つまり人生の)

最優先事項において、その余暇に他の人生を当て込んでるかのようなあの人たち。

 

そんなに簡単に休まれちゃ自分が浮かばれない!

だって自分はそんな制度活用しなかったのに!

職場に迷惑かけて…よくも見てろよ!

 

とでも言いたそうな言動をひしひしと感じる。

 

 あちらの価値観はこうだ。

職場での言動、評価が自分の存在価値

会社に貢献してる奴の方が偉い。

…私は全くそうは思わない。

 

仕事はその企業の営利追求の為の活動であって、労働者が勝手に意味を見出そうとしているだけだ。

 

けど、考え方が違うからって意地悪したりはしてないけどね。俺は。

 

おそらく一生、相容れない。

一生パラレルワールドで終わる物語なんだろうなこれは。

 

価値観が合わないってのは全く別の世界に住んでいるってことと同じだ。

 

大人なんだから、いちいち感情に表すなよな。まったく。

 

仕事しか出来ないのに、仕事に支障出してんじゃねーよ。

 

 

しまった

たくさん悪口を書いてしまった…

 

けどまぁ、このぐらいは言わせてよ。

 

明日も堂々と働けますように…☆

 

育休宣言 数日後…

 

「育休を取るぞ!」と思いプリントアウトした

育児介護休業法の目的規定を眺めてみる。 

 

Ⅰ この法律の目的 (第1条)

育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(以下「法」といいます。)は、育児休業及び介護休業に関する制度並びに子の看護休暇及び介護休暇に関する制度を設けるとともに、育児及び家族の介護を行いやすくするため所定労働時間等に関し事業主が講ずべき措置を定めるほか、育児又は家族の介護を行う労働者等に対する支援措置を講ずること等により、このような労働者が退職せずに済むようにし、その雇用の継続を図るとともに、育児又は家族の介護のために退職した労働者の再就職の促進を図ることとしています。育児及び家族の介護を行う労働者の職業生活と家庭生活との両立が図られるよう支援することによって、その福祉を増進するとともに、あわせて、我が国の経済及び社会の発展に資すことを目的としているものです。

 

 

 

改めて、男性の育休取得は全然認知されてないし、受け入れがたいものなんだなという事をひどく痛感した。

 

 

 

自分が甘かったんだろうか…。

 

と、数日間は鬱々だったけど

 

メンバーによって、空気感が全く一変することが分かってきて、少しほっとした。

 

 

 

もしかしたら、始めは自分の被害妄想も入っていたのかもしれないけど…

 

 

特定の人物がいなければ同僚の対応もまるで違うし、不在でまだ報告ができていなかった同僚に報告をすると

 

「え…良かったですね!順調だったんですね!!」

 

喜んでくれて、今までの対応とまるで違うので逆にこっちが戸惑ってしまった 笑。

 

 

 

あー

なるほど。

 

無知の空気に合わせざるを得ない、悲しき身分制度は現代にも確かに存在している。

 

これが、いわゆる

「会社員」

というものなのかもしれない。

 

 

職場の育休取得に対する意識層は

 

迷惑。(敵) →2割

よかったじゃん! (味方)→2割

へー…(中立) →6割

 

現段階では

このぐらいなのかも…

敵の方が多いわけではない、ということかな?

 

 

うんうん。

がんばれそう。来週も出勤できそうだわ。

 

育休前の3つの錬金術(節約術)☆

育休を取得する。

 

その意思表示は済んだ。

 

かなり前もって意思表示はした。

(けどなんか腑に落ちない感じ。この腑に落ちない感じは別の機会にアップするとして…)

 

 

妻にとっても自分にとっても一大イベントである第一子誕生に伴って、愛するベイビーを2人で協力して育てようと決めて、半年間の育休を計画して、今に至る。

 

が、

 

金はない。 笑。

 

 

私は富裕層でもないし、金のなる木がどこに生えているのかをまだ知らない。

 

だから庶民の一番ポピュラーな選択肢

節約

をしなければいけない。

 

節約をして、今現在の出費を出来るだけ抑えて、貯蓄を少しでも増やしておかなければ

我が家の家計は一夜のうちに火の車のロータリーが設営されて、朝から晩まで火の車まみれの一大拠点になってしまうことだろう。

 

↑↑そんなことにならない為に私が実践した節約術を披露させて下さい。

 

ザックリ言うと

 

やめる事。

 

 

よく言うあれですよ

 

「固定支出を減らしましょう」

 

というやつですが…。

 

やってみれば

「意外と不便しないなぁー」というのが率直な感想。

 

でも年間にしたら結構な額の節約になっているはず!

節約に困ってる人は、よかったら参考にして下さいね。

 

やめると…楽になれまっせ。

 

 

美容室に行くのを止める。

 

美容室に行くのを、さっぱりやめました。

 

やめるまでは、一回4,500円前後の美容室に3カ月に一回程度通ってたから…

 

年間で18,000円お得(!)

 

今はバリカンとハサミでセルフカットです。

(お金がないから技術を身につけた!)

 

 

キャリア携帯を止める。

 

ソフトバンクから格安SIMにしました。

 

今はUQモバイルを使ってます。

月々2,500円でおつりがきます。

 

キャリアだと10,000円かかっても全然普通だけど

格安SIM界ではこのぐらいが普通です(笑)。

 

7,500円×12か月だとすると、年間90,000円お得!

 

…し、衝撃。

 

 

タバコを止める。

 

ついに成し遂げた☆

これは言わずもがなですね。

 

タバコ吸ってても何にも得しませんよね。

 

解ってるけどやめられない…っていってるうちは本気でやめる気はないんですよ。

 

タバコ…また値上がりするんですよね。

一箱500円×30日×12か月=180,000円(!!!)

を無駄にしてますよ!!

 

一万円札18枚に火を点けろと言われて火が点けられるのは

 

貴族の方か喫煙者だけのようですね。

 

 

 

 

私の場合は3つの節約で

18,000円+90,000円+180,000円で

288,000円

節約できてるみたいです!

 

 

なかなかの大金が節約できている…笑。

いや、今までが無駄が多かっただけなのかもしれない。

 

お金はいくらあっても困らない。

あと三ヶ月…

ベイビーちゃん節約しながら待ってるよー☆

 

 

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

「パタハラ」なんて知らない。

 パタニティ・ハラスメント

こんな言葉があることすら知らなかった。

 

実際問題、男性の育児に対する関心は低い。

と、言わざるを得ないんじゃないだろうか?

当事者である私自身がそう思うぐらいだから間違いない 笑。

 

パタニティとは

「父性」を意味しているそうで、男性の育児への参加を侵害したり、そのことに対する心ない発言…つまり嫌がらせの事を「パタハラ」というそうです。

 

知らなかった。全然知らなかった。

 

そもそも

妻が妊婦検診の帰りに持って帰ってきた冊子の一行に

 

育児休業は男女関係なく取得することができます。」

 

の文字を見つけるまで、育休制度は女性の正社員だけの制度だと思っていたし

 

同じように思っている人はきっとたくさんいるはず!

 

 

 

 私の場合は、その一行に奇跡的に引っかかって、育休を取ることを決意し、妻に相談し、職場に報告することができ、今ここに至れているけれども…

 

そんな程度の認識の人がきっと大勢いる(もしかして多数派を占めてる?)わけなんだから、パタハラなんて言葉知る由もなかった。

 

当然、そんな概念を知らないんだから平然とパタハラは全国の職場で起こっているはずだ。

 

「奥さんがしっかりしてれば休む必要ない」

「里帰りすればいいんじゃないの?実家遠いの?」

「子供が生まれるなら今まで以上に働くのが普通だろ」

 

思い返せばいくらでも出てくる…。

 

いやいやちょっとまってくれ

 

妻の性格と夫の育児の参加は全く別の問題だ。

皆さんがあなたと同じマイルドヤンキーではないでしょうが。

子どもが生まれるから家に居たいんだ。

 

と、言わせてもらう。

 

 

こんな発言は今も悪意なく全国の職場を飛び交っている事だろう。

自分も今まで無意識にやっていたんじゃないかと思うとゾッとする。

 

 

 

なぜ、もっとこの制度は浸透していかないんだろう?

 

 

結局

給料がどうとか、出世がどうとかいう話になっていくんだろうか…

(それはパタハラとはまた別の話か…)

 

厚生労働省によれば、マタハラ・パタハラは禁止されているし、対策を講じることは事業主の義務だそうだが、当事者にその情報がいきわたってないならほぼほぼ意味ないよね。

 

っていうか、その感じでいくなら

むしろ一人出世から降りるわけなんだから喜んで欲しいくらいだわ!

 

 

もっともっと積極的に制度を周知してほしいし、企業もどんどん男性育休を推し進めてくれないだろうか?

 

ストップ パタハラ

ノーモア パタハラ

 

 まだまだ無くなりはしないだろけど…

(特にこちとらはブルーカラーだ。)

 

まずはこの中でだけでも、啓蒙活動させてもらうぞ! 

 

なんかまた怒ってるなぁ…。

 

「育休」に対する初心表明。

久々に更新。

今回から少し毛色を変えてみる。

 

 

なぜなら状況が変わったから。

 

 

 

そうです。

 

私、育休を取得することをここに宣言します。

 

男性ですが…なにか??

 

 

  うちの職場には男性の育休経験者なんていないし、家庭持ちで子供が生まれたばっかりの同僚たちは、今日も平然と職場に来ている…

 

 

決して男性が育休を取りやすい環境では無いものの、我が家には我が家の事情がある。

 

 

 思い切って決断してやりましたよ!

 

 

 ここではしばらく私の育休取得に関する不安や、職場で感じた摩擦なんかをちょこちょこ更新していきたいと思います。(もちろん良かった点も!)

同じように男性の育児休業を考えていて、不安を抱えている方たちが少しでも参考になればいいなと思っています☆

 

 

 

 

 けっこう早めに伝えてみた

 私の場合はうちの会社に前例がないし早めに伝えた方が会社的にも助かるだろう…と思い、半年前に会社に意向を伝えました。

 

 

これが吉と出るか凶と出るか…

 

 

現状会社からの回答は

 

「もう少し直近になってからもう一回言って」

 

ということだそうです。

 

つまりもう少し冷静に考えてみろ

とのニュアンス

 

…は?

 

考えてから言ってるからこのタイミングなんですけど??

 

なんかイメージしてた感じと違う…笑。

なんかもっとこう

 

「おめでとう!今からなら十分引継ぎも間に合うし、こっちとしても助かるよ!うちとしてもポジティブな前例を作れて嬉しいよ!頑張って来いよ…お父さん★」

 

的な感じを想像してた自分が甘かった。

甘々だった。

 

 

結局、会社的には非常識な奴と思われている。と、思う。一体何なんだこの世の中は。…と、思う。

 

 今までは意識してなかったけど…育休を宣言してからは、昭和以前の価値観が脈々と、当然に受け継がれているのを肌で感じられるようになってきた。

 

男は外で働く。女は家で子供を育てる。

 

そんな馬鹿な。新しい命を授かって、そして子が生まれると今までの生活が一変すると聞いています。

 

私自身も父親になることは一大事だし、妻が妻から母親になることは一大事だ。

 

そしてふたりにとって子育ては初めての経験だ。

 

そんな非常事態に、職場に逃げることなんて出来ません。

 

私は夫婦で家を守りたい。

 

 

初心表明をしてみたら、なんか怒ってしまった 笑。

 

けど、一体なにが間違っているんだろうか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高付加価値しかない世界

違う世代の人から気付かされること

 三が日はとっくに過ぎたとはいえ、まだギリギリお正月の範囲内。

 

義理の両親、つまり妻のお父さんとお母さんと食事に行って来た。

会食後も色々な話に花が咲き、楽しく過ごさせていただいた☆

 

 義理の父母は、2人とも75歳を越える立派なご高齢者であられる。

…本人は「まだまだ若い」とおっしゃっておられるとおり、本当にパワフルでお元気な方々だ。

(お身体にはお気をつけ下さい!)

 

 とはいえ、ジェネレーションギャップは当然に発生するもので…それがまた楽しかったし、ためになる。(親戚付き合いなんかとは縁遠く育ってきたので、ミソペンには新鮮なんです。)

 

「最近はとにかく何でもかんでもネットになっていて分からない」

 

「テレビではもっと知識になることを継続して流して欲しい」

 

と、

いわゆる「高齢者の意見」っぽい意見として、聞き流されがちな話題をしている時に…

 

 

ここでふと気付いてしまった。

 

今の世の中

ムダなモノが溢れている!

 

(という一面もあるんじゃないの?…という程度の話ですよ 笑。)

 

 

 「高付加価値ネイティブ」っていう観点

 

 お二人はとにかくアナログに生きている。

 

必要最低限のテクノロジーの恩恵を取り入れて、後は「知恵」と「経験」と「行政サービス」を活用して、とてもハッピーに生活している☆

(ようにミソペンには見えるし、そんな姿に憧れている)

 

 厳密に言えば、デジタルネイティブ世代に該当しないミソペンも

 

  • 図書館に行かずに、Kindle電子書籍を無料ダウンロードするし
  • 食事に行くならGoogle検索で営業時間・ぐるナビでレビューをチェックしてしまう
  • ネットで注文すれば、向こうから家に届けてもらえるし
  • テレビがつまんなかったら、観たいと思える動画をYouTubeで検索する。

 

等々…

 

ネットの恩恵を甘んじて受け入れている。 

 

 世の中は、時を経るごとに格段に便利になっているし、この流れを止めることは不可能だ。

 

便利さを求めることでインターネットが普及して

 

そこに

「あったらいいな」

「じゃあこれも出来るかな?」

 

が、どんどん追加されることで現在に至っているわけで

そもそも「便利」だから世の中がネットに流れていっているってことだから、アナログ世代には悪いけどこれは自然の流れ…

 

けどちょっと待ってくれ!

と、思ったんですよ、私。

 

 

世の中に食料が無かった時代。モノが無かった時代。サービスが無かった時代。

 

これを経て

 

供給はもう十分。だから差別化しないと他社に負けてしまう、と市場競争が行われて

 

その後に

 

インターネットを使えば物理的な障壁が減ってもっと便利な世の中になる!

 

となって

 

世の中にはあらゆるモノやサービスが溢れている…でも、ニーズに応える為にイノベーションを起こすぞ!

 

といって今に至る。

 

 

けど

足りなかったモノが供給された時点からは、全部付加価値であって…

 

本来必要とはしてなかったんだよなぁ。

と思ったんですよ。

 

だから

義理の父母のスタイルが、本来の人としての「基本」のスタイルに思えて、美しく見えてしまう。

(ちょっと大げさな表現だけど…笑。)

 

むやみに便利な技術の恩恵を受けまくっている世代として、なんとなく申し訳なく思う。

 

 今さらアナログには戻れないんだけれども…これらは全て付加価値であって、「基本はコレ」だと思って気を引き締めます!

(良かったら一緒に引き締めていきましょう☆笑。)

 

 

しかし

 

これからの世代なんかは

デジタルネイティブは当然で

「高付加価値ネイティブ世代」になっていると言える。

 

どんな世の中になっていることやら…

 

こんな事を言っている俺は、無論老害ジジイと呼ばれる事になるんだろうな 笑。

 

サザエさん』が史実になっていく現実…。

 

 

未来には憧れる。

けど、未来人にはなってませんように…☆

XRPリップルもXEMも爆上がりしたけど…同僚には絶対言わない!

幸先の良いスタート☆

 年が明けましたね。初めまして2018年。戌年さんは…12年前にお会いしたぶりですね。

今年も宜しくお願い申し上げます。

 

まだまだ休みたいけど

新年会に行かなければならない。

というか行ってきました。

 

けど、昨日今日と保有してるリップル(XRP)とネム(XEM)が爆上げをみせたから、正直気もそぞろ。新年会どころではない。

 

遅ればせながら12月にスタートした仮想通貨投資が功を奏して、お年玉を手に入れたような感覚。

 

あぁ…本当にチャレンジしてみてよかった☆

 

 最初は1万円の投資からスタートしたものの、ボーナスと12月の給料から工面して何度か買い増しを決行。

 

…トータルで投資金額は95,000円

皆にとっては端金でもミソペンにとっては大金。

 

しかしそこからダラダラしたりモチ食ったりしてるまに、今日の総資産価値は…

 

300,000円!!

 

一月寝かせたら200,000円も増えてしまったじゃないか!

 

っていうか

ワシの手取り月給余裕で越えとるやないか!!笑。

 

 いよいよ仮想通貨のスゴさを実感してきたぞ…。

そして失うのもコワくなってきた。

 

だからハードウェアウォレットも検討する事にしました。

 

 リップル保有の人は今やコレがマストアイテムだそうですね☆

 

1万円以上するけど…たった1万円じゃないか!

何百万になってからでは、勉強代にしては高すぎる!

 

今日注文したから届くのは来週だろうか…。

 

とにかく一挙手一投足にリスクがつきものの仮想通貨界隈。

まだ色んな事が理解できてないとは思うけど、できる限りの事はしといて糧にしていこう。

 

仮想通貨デビューが身近にもチラホラ

 

 で、新年会に行って来た話。

 

去年はちんぷんかんぷんで、さも興味なさそうにしていた同僚達が、仮想通貨にちょっと興味を持ち始めていた。

 

中にはチラホラとコインチェックをダウンロードしていたのも数人…。

(ふふふ…去年は俺の話に耳を貸さなかった事を憶えているぞ)

 

でも

 

まだ始めてない組は

「年末ビットコイン暴落したんでしょ?大丈夫??」

だとか

「俺の知り合いも去年ビットコイン始めてたわー。まぁ金持ってる奴やからなぁ」

 

だとかいう切り口。

 

デビューしたよ!っていう人もアプリを使いこなせないらしく、平気で総資産額が映っている画面を見せてくれた 笑。

(ちゃんと使い方教えてあげましたよ☆)

そして昨日デビューしたのに、もういつ売るかを考えてるそうで。

 

 

 

つまり

まだまだ世間では仮想通貨=ビットコインだし

 

今見せちゃった金額で買えた人・買えなかった人がいるのを全然わかってない。

 

そしてパチンコ・スロットとおんなじ様な感覚でやっている。

 

 

い、いやいやそうじゃなくて…

 

投資を始めたんだ!

っていう感覚は皆無なんですね 笑。 

とミソペンは思いましたとさ。

 

 

要するに…

まだまだ伸びしろが有るってことが肌で、如実に感じれましたって話。

 

これから始める人は…

リスクを共感出来る様な間柄になるまでは、保有量は開かさないほうが良いかもしれませんね!

 

 まぁミソペン自体も超絶初心者だから、偉そうな事は言えません。

手数料が高いと言われているコインチェックだけでしか運用してません。

 

(バイナンスもアカウントだけは作ったけど、やっぱりまだまだ理解が足りなくて稼働してない…)

 

まずはザイフで板取引に慣れなくちゃ…というのが次のステップ。

 

でも結局情弱を自覚してる、我々庶民レベルはコインチェックが使いやすいて敷居が低い。

手数料は勉強代としてお納め下さい…。

 

 

 

それでも身近な人と比べれば、先行利益はいっぱい出てる!

まだまだ買い増ししまっせー☆

 

 

脱出作戦継続中☆ 

 

 

 [http://www..com/ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin:title]