~ブルーカラー日記~

ただの会社員が日々感じていること。時にこうなったらいいのになぁ…と思う事を、独断と偏見で綴るブログ。

高付加価値しかない世界

違う世代の人から気付かされること

 三が日はとっくに過ぎたとはいえ、まだギリギリお正月の範囲内。

 

義理の両親、つまり妻のお父さんとお母さんと食事に行って来た。

会食後も色々な話に花が咲き、楽しく過ごさせていただいた☆

 

 義理の父母は、2人とも75歳を越える立派なご高齢者であられる。

…本人は「まだまだ若い」とおっしゃっておられるとおり、本当にパワフルでお元気な方々だ。

(お身体にはお気をつけ下さい!)

 

 とはいえ、ジェネレーションギャップは当然に発生するもので…それがまた楽しかったし、ためになる。(親戚付き合いなんかとは縁遠く育ってきたので、ミソペンには新鮮なんです。)

 

「最近はとにかく何でもかんでもネットになっていて分からない」

 

「テレビではもっと知識になることを継続して流して欲しい」

 

と、

いわゆる「高齢者の意見」っぽい意見として、聞き流されがちな話題をしている時に…

 

 

ここでふと気付いてしまった。

 

今の世の中

ムダなモノが溢れている!

 

(という一面もあるんじゃないの?…という程度の話ですよ 笑。)

 

 

 「高付加価値ネイティブ」っていう観点

 

 お二人はとにかくアナログに生きている。

 

必要最低限のテクノロジーの恩恵を取り入れて、後は「知恵」と「経験」と「行政サービス」を活用して、とてもハッピーに生活している☆

(ようにミソペンには見えるし、そんな姿に憧れている)

 

 厳密に言えば、デジタルネイティブ世代に該当しないミソペンも

 

  • 図書館に行かずに、Kindle電子書籍を無料ダウンロードするし
  • 食事に行くならGoogle検索で営業時間・ぐるナビでレビューをチェックしてしまう
  • ネットで注文すれば、向こうから家に届けてもらえるし
  • テレビがつまんなかったら、観たいと思える動画をYouTubeで検索する。

 

等々…

 

ネットの恩恵を甘んじて受け入れている。 

 

 世の中は、時を経るごとに格段に便利になっているし、この流れを止めることは不可能だ。

 

便利さを求めることでインターネットが普及して

 

そこに

「あったらいいな」

「じゃあこれも出来るかな?」

 

が、どんどん追加されることで現在に至っているわけで

そもそも「便利」だから世の中がネットに流れていっているってことだから、アナログ世代には悪いけどこれは自然の流れ…

 

けどちょっと待ってくれ!

と、思ったんですよ、私。

 

 

世の中に食料が無かった時代。モノが無かった時代。サービスが無かった時代。

 

これを経て

 

供給はもう十分。だから差別化しないと他社に負けてしまう、と市場競争が行われて

 

その後に

 

インターネットを使えば物理的な障壁が減ってもっと便利な世の中になる!

 

となって

 

世の中にはあらゆるモノやサービスが溢れている…でも、ニーズに応える為にイノベーションを起こすぞ!

 

といって今に至る。

 

 

けど

足りなかったモノが供給された時点からは、全部付加価値であって…

 

本来必要とはしてなかったんだよなぁ。

と思ったんですよ。

 

だから

義理の父母のスタイルが、本来の人としての「基本」のスタイルに思えて、美しく見えてしまう。

(ちょっと大げさな表現だけど…笑。)

 

むやみに便利な技術の恩恵を受けまくっている世代として、なんとなく申し訳なく思う。

 

 今さらアナログには戻れないんだけれども…これらは全て付加価値であって、「基本はコレ」だと思って気を引き締めます!

(良かったら一緒に引き締めていきましょう☆笑。)

 

 

しかし

 

これからの世代なんかは

デジタルネイティブは当然で

「高付加価値ネイティブ世代」になっていると言える。

 

どんな世の中になっていることやら…

 

こんな事を言っている俺は、無論老害ジジイと呼ばれる事になるんだろうな 笑。

 

サザエさん』が史実になっていく現実…。

 

 

未来には憧れる。

けど、未来人にはなってませんように…☆

XRPリップルもXEMも爆上がりしたけど…同僚には絶対言わない!

幸先の良いスタート☆

 年が明けましたね。初めまして2018年。戌年さんは…12年前にお会いしたぶりですね。

今年も宜しくお願い申し上げます。

 

まだまだ休みたいけど

新年会に行かなければならない。

というか行ってきました。

 

けど、昨日今日と保有してるリップル(XRP)とネム(XEM)が爆上げをみせたから、正直気もそぞろ。新年会どころではない。

 

遅ればせながら12月にスタートした仮想通貨投資が功を奏して、お年玉を手に入れたような感覚。

 

あぁ…本当にチャレンジしてみてよかった☆

 

 最初は1万円の投資からスタートしたものの、ボーナスと12月の給料から工面して何度か買い増しを決行。

 

…トータルで投資金額は95,000円

皆にとっては端金でもミソペンにとっては大金。

 

しかしそこからダラダラしたりモチ食ったりしてるまに、今日の総資産価値は…

 

300,000円!!

 

一月寝かせたら200,000円も増えてしまったじゃないか!

 

っていうか

ワシの手取り月給余裕で越えとるやないか!!笑。

 

 いよいよ仮想通貨のスゴさを実感してきたぞ…。

そして失うのもコワくなってきた。

 

だからハードウェアウォレットも検討する事にしました。

 

 リップル保有の人は今やコレがマストアイテムだそうですね☆

 

1万円以上するけど…たった1万円じゃないか!

何百万になってからでは、勉強代にしては高すぎる!

 

今日注文したから届くのは来週だろうか…。

 

とにかく一挙手一投足にリスクがつきものの仮想通貨界隈。

まだ色んな事が理解できてないとは思うけど、できる限りの事はしといて糧にしていこう。

 

仮想通貨デビューが身近にもチラホラ

 

 で、新年会に行って来た話。

 

去年はちんぷんかんぷんで、さも興味なさそうにしていた同僚達が、仮想通貨にちょっと興味を持ち始めていた。

 

中にはチラホラとコインチェックをダウンロードしていたのも数人…。

(ふふふ…去年は俺の話に耳を貸さなかった事を憶えているぞ)

 

でも

 

まだ始めてない組は

「年末ビットコイン暴落したんでしょ?大丈夫??」

だとか

「俺の知り合いも去年ビットコイン始めてたわー。まぁ金持ってる奴やからなぁ」

 

だとかいう切り口。

 

デビューしたよ!っていう人もアプリを使いこなせないらしく、平気で総資産額が映っている画面を見せてくれた 笑。

(ちゃんと使い方教えてあげましたよ☆)

そして昨日デビューしたのに、もういつ売るかを考えてるそうで。

 

 

 

つまり

まだまだ世間では仮想通貨=ビットコインだし

 

今見せちゃった金額で買えた人・買えなかった人がいるのを全然わかってない。

 

そしてパチンコ・スロットとおんなじ様な感覚でやっている。

 

 

い、いやいやそうじゃなくて…

 

投資を始めたんだ!

っていう感覚は皆無なんですね 笑。 

とミソペンは思いましたとさ。

 

 

要するに…

まだまだ伸びしろが有るってことが肌で、如実に感じれましたって話。

 

これから始める人は…

リスクを共感出来る様な間柄になるまでは、保有量は開かさないほうが良いかもしれませんね!

 

 まぁミソペン自体も超絶初心者だから、偉そうな事は言えません。

手数料が高いと言われているコインチェックだけでしか運用してません。

 

(バイナンスもアカウントだけは作ったけど、やっぱりまだまだ理解が足りなくて稼働してない…)

 

まずはザイフで板取引に慣れなくちゃ…というのが次のステップ。

 

でも結局情弱を自覚してる、我々庶民レベルはコインチェックが使いやすいて敷居が低い。

手数料は勉強代としてお納め下さい…。

 

 

 

それでも身近な人と比べれば、先行利益はいっぱい出てる!

まだまだ買い増ししまっせー☆

 

 

脱出作戦継続中☆ 

 

 

 [http://www..com/ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin:title]

科学でロマンチック

 今日は宇宙の話。

いや、宇宙飛行の基礎を作った人の本を読んだ話。  

 

堅苦しそうなタイトルとは裏腹に、なかなか興味深い内容でした。

サイエンスな本も、たまに読むと世界が広がるからアリですね☆

 

  JAXAの人が書いてます。(!!)

 

 この本では、人類が宇宙にたどり着く迄の軌跡が、ツィオルコフスキーというロシア人の生涯と関係人物、そして著者の考察によって詳細に語られています。

 

どうやら「人類と宇宙」を語る為には、ツィオルコフスキーという人物の生涯を語る事になる…そんな風に思っても良さそうです。

 

 

 内容に関しては本が好き!の方にたくさん書評が載っているのでそちらをご覧下さい。(ミソペンの書評もあがってます♪)

 

 

 

 こういう本を読んで常々思うのは…

 

ほんと、勉強しとけばよかったなぁ~

 

ということ 笑。

 

 

 数式を理解して、自然現象を理解して、その法則を応用して、今まで存在しなかったモノを創り出す。 

 

「存在しなかったモノを創り出す」

 

イイ響きだ。

 

率直に、「あー、なんてステキな世界なんだろう」と感じる。

 

 

 昔は、歴史とか国語の世界にロマンを感じるもんだと思っていたけど

(別にどっちも得意じゃなかったけど…)

 

 

いやいや、数学の世界にロマンがあったなんてあの頃はついぞ思いもしなかった。

(数学がバツグンに嫌いだった)

 

ついでに調べてみると「男のロマン」の語源はロマン主義とやらにあるらしい。

 

Wikipediaによると…

ロマン主義(ロマンしゅぎ、英: Romanticism、仏: Romantisme、独: Romantik、伊: Romanticismo、西: Romanticismo、葡: Romantismo)は、主として18世紀末から19世紀前半にヨーロッパで、その後にヨーロッパの影響を受けた諸地域で起こった精神運動の一つである。それまでの理性偏重、合理主義などに対し感受性や主観に重きをおいた一連の運動であり、古典主義と対をなす。恋愛賛美、民族意識の高揚、中世への憧憬といった特徴をもち、近代国民国家形成を促進した。その動きは文芸・美術・音楽・演劇など様々な芸術分野に及んだ。のちに、その反動として写実主義自然主義などをもたらした。

 

 だそうな。

 

「古典主義と対をなす」

 

…やっぱりだ。

 

「歴史にロマン」は語源からすると

ちゃんちゃらおかしいと言って差し支えない。

(いや、別に問題ないと思ってますよ!笑。)

 

 

ロマンとは…未来!

 

 

未来は…数学!

 

学生さんはちゃんと勉強しろよ!

30越えると誰も算数なんか教えてくんねーぞ!笑

 

 

 生まれ変わったら、科学者になりたい…。

 

これも言ってみれば未来への情熱。つまりロマン。

 

 

宇宙飛行の父を読んだら、浪漫飛行してました。

 

次はどんな本が読めるかしら☆

 

 

 

 

 

 

「仮想通貨」運用開始!

ボーナスが入った

 

 正確に言えば…ボーナスが入る。明日。

 

ボーナスが入ったら、クラウドレンデイングで運用を開始しよう!

そう思っていたけど、結果的には違うことで運用を開始。

 

 

しばらくは仮想通貨でいく。

(アカウントはコインチェックのみ)

 

そう決めた。

 

思ったよりもボーナスが入ったので

貯金にもしっかり10万まわせる。

(ミソペン的には10万は大金だ)

 

その上で、投資にあてられるお金も確保出来たのは嬉しい☆

ボーナスよ、本当にありがとう。

 

 

先月残業が多かったから…

 

その残業代を使って、思い切って仮想通貨を始めてみた。

 

入金は最初に1万円。その後、勇気を出してプラス1万5千円。

今回のボーナスから5万円。

 

基本的に運用方針はワンタップバイと同様で、ドルコスト平均法

つまりは積み立て。

 

 

現在の投資メモ。

 

・アメリカ株
→¥25,000(月末の給料で¥30,000予定)

 

・仮想通貨
→BTC¥10,000
XRP¥45,000
→XEM¥20,000

 

 

一般的には

株は投資で、仮想通貨は投機。

 

けど…今は、ただボーッとしてる奴が幸せになれる社会じゃない!

 

とミソペンは思ってる。

 

 

チャレンジしないってのは…努力しないってことでしょ。

 

仮想通貨元年は、チャンスでしょ?

 

さあ、脱出作戦はここからだ☆

やめたいものはいっぱいある。

 

「やめること」からはじめなさい (星海社新書)

「やめること」からはじめなさい (星海社新書)

 

  もう何年も前に読んだ本。

いわゆる自己啓発本

本屋に行けば、かならず設けられている自己啓発本コーナーはいつでも人気☆

でもこの頃はとんと読まなくなりましたね…

 

先日、ふとこの本の事を思い出したのでここに書く。

 

 

この1冊はハマりました。

 

1ページ読むごとに目から鱗の連続で、無知で未熟の塊だった若きミソペンの心に、確実に何か軌跡を残していった本です。

 

始めて読んだときの、その衝撃たるや凄まじく、しばらくは千田琢也さんに熱中してしまい「いつかご本人に会ってみたい!」とすら思うほどになりました 笑。

(もちろん、いまだに会ってませんし会える予定もありません。)

 

その後も何冊か千田琢也さんの本を読んだけど…ミソペンの中でこの1冊を超える本はありませんでした。

 

 

 じゃあ何故、急にこの本の事を思い出したかというと…

 

答えは「最近テレビを観なくなった」から。

 

この本には、人間力を高めるために、自分がやめるべきことがたくさん列挙されています。

 

その中の一つに「テレビを観るのをやめる」というのがあった事を思い出したんですね。

 

 

  仕事が終わって帰宅して、何も考えずにテレビをつける。

別に観たかった番組があったわけでもなく、ただなんとなく流れてるものを見始めてしまって、面白かったり、面白くなかったりして…気が付いたら何となく一日が終了してる。

 

その何となく思考停止している時間をやめれば、実はやりたい事が自然と出来るようになっちゃうんだよー。

欲しい情報は欲しい量だけ、能動的に抽出出来る世の中なんだから無駄な時間使うなよー。

的な事が(超ざっくり書いてるよ 笑)書いてあったような気がします。

 

当時のミソペンは

 

「いやー…それは全然ムリっしょー」

 

みたいに思ってたのに、何年も経って…

いつの間にか、テレビを観る時間は一日の内、ほとんど無い。 

 

 

 どうりで自己啓発本を買わなくなったわけよ。と思う。

 

少しずつ、受動的な時間を能動的な時間が上回って来ている。そんな気がする。

(気がしているだけかもしれないが…)

 

 

 今もテレビをつけずに能動的にブログを書いている。

読みたい本を読んで、やってみたいことに少しずつチャレンジ出来ている。

 

この本は、今のミソペンにはとりあえず必要ない。

 

30を越えて…

自分の中に、自分なりの定規を備えてきたし、経営理念のようなものが出来てきたといえるから。

 

 

その分、時間がもったいないのでやめたいこともある。

 

 

無駄な人付き合いに無駄な会費を払うこと。

無駄な話に無駄な相づちを提供しなければいけないこと。

無駄な愛想笑いを常に要求されること。

無駄な忖度でサービス残業をすること。

無駄な忖度でサービス早出をすること。

 

あれ?

 

 要するに仕事やめたい 

 

無職になりたいの?

いや断じて違う!

 

生活の糧を得る為に労働する事は当然。

 

ただ、受動的に嫌々働くのはイヤだ。

 

だって殆どの人は、人生の三分の一以上の時間を仕事に費やしてる。

仕事を楽しめないのは、人生の三分の一以上を楽しめない事と同じだ。

 

という様なこともこの本に書いてあった。

 

 

だが、今は概ねその状態。

 

 

だから、ちゃんと人生の殆どを楽しめるように努力をしよう。

 

今よりやりたい仕事を得る為に、資格取得の勉強をしよう。

お給料だけの収入に支配されないように、投資を実践していこう。

視野が狭くならないように、本を読もう。

 

 

 

 もしも悩める若者がこのブログを読んでいるなら、この本を是非最後のページまで見て欲しい…

(この最後の衝撃は読んだ人にしか伝わらないと思う。だからここでは言わない。)

 

 

右にならえだけでは成長出来ない。

何かしらは、俺にならえでもいいじゃないか。

そうです。「やめること」も覚えましょう。

BTCをだすと存在がぼやけた。

 今日は少し憤慨している…。

 

 

話してしまった…。

よせば良いのに、ビットコイン取引アプリをダウンロードしたことを話してしまった。

(コインチェックをダウンロードした)

 

帰って来る返事は…

 

「へー。」

「そっち系にいっちゃったかぁ」

「まぁ、僕は有馬記念がありますんで…。」

 

と来たもんだ。

 

猛烈な意識の乖離…。

 

 

そうだった。

今は脱出作戦の真っ最中だった。

 

意見が一致するはずがないのに、なぜ話すのを我慢できなかったんだ!おれ!!

 

 

 

 

 意見の一致しない同僚は、いつもサービス早出をして頑張っているし、サービス残業だって人一倍して頑張っている。

 

 意見の一致しない後輩は先日、「スロット」と呼ばれる楽しい音の出るシュレッダーに3万円を吸い込ませてきたらしい。

 

 

みんな!…それって頑張ってんのかよ!!

 

給料が安いから…ギャンブルに行ってしまいたくなる気持ちは充分わかる。

 

職場で成果を出したいから、人より多く仕事したい気持ちも充分わかる。

…けどそれじゃ周り巻き込まれちゃうから!

給料が発生しないなら…それは仕事じゃないから!!

 

仕事終わらせて、早く家に帰ろうよ。

家族と過ごそうよ。

競馬場やパチンコ屋に行って休日もお金も無くなるのは、もったいないよ。

 

 なにか、なにか違う選択肢を考えないか??

 

…っていう気持ちから

 

ビットコイン(ほか仮想通貨)は持っておこう」

 

宝くじはハズレたらゴミになるけど、仮想通貨ならその時々で価値は変動しても、ゴミにはならない。

 

仮にゴミ同然になったとしても…ゴミにはならない!

 

という考えに至ったのに、そんなところまで伝えられる余地は全くなかった…。

 

 

勉強はしなきゃね

 

もちろん

ただやれば不労所得が生まれるもんではないだろうし、もう遅すぎるのかも知れないけど…やらないよりマシ。これは絶対。

 

だって「今」を理解できたら、「次」のチャンスには乗れるかもしれないから。

 

今がどうなっているのかを知ろうとしなかったら永遠に未来からは取り残されてしまう…。

そんな人には、どこからもお金はやってこないだろう。

 

遅すぎだとしても、ビットコインブロックチェーンを理解するために、本も買っていま読みはじめているところ…

 

訳が分からないまま、完成された搾取メソッドを鵜呑みにするのはもういやだ!

 

享受するだけじゃなく、自分で条件を判断できるようになりたいんだ。

 

まずは先端に行ってる人たちと比べて、自分がどれぐらい無知なのかを知れば良い。

 

地図が読めねば、当然距離は離れない。

 

 

勉強。

これも作戦のうちの一つ。

 

 

今日も脱出作戦進行中…☆

 

 

 

「超能力」の定義

 ネットの紹介記事で気になったので、衝動買いをしてしまった。どうも本にはハードルが下がり気味になって困る 笑。

 

僕らだって扉くらい開けられる

僕らだって扉くらい開けられる

 

 

本の内容に関しては、本が好き!の方に書評を投稿したので、割愛。

 

ざっくり言うとこんな感じ↓↓

 

 「手で持てる程度の重さの物を右に10㎝だけ動かせる。しかも一日一回だけ」

というバリバリの制限付きの超能力が出て来る。他にも

・パラライザー(金縛り)使うとハゲる
サイコメトリー(精神測定能力)潔癖性

みたいな能力者が出てきて、いろいろ悩んで、解決してちょっとハッピーになる☆

 

って感じ 笑。

 

全体的には、ライトにまとまっていて読みやすい仕上がり。好みとしては、もう少し重めのシチュエーション(?)が好きだが…

 

映像作品では出来ない、小説ならではの仕掛けがしてあって、面白い作家さんだなぁと感じれたので収穫☆

 

 

強引にまとめると…人生を変えるのは実は「超能力」なんかじゃないんだよ。

みたいな話です。(あくまで個人の感想です。違ってたらスミマセン!!)

 

で、本題はというと…

 

 

超能力って超常現象だけじゃないよね。

っていう話で。

 

 自分の周りの誰かは当たり前にやっているけど、自分じゃどうにもうまく出来ない…。

 

その誰かが使ってる能力って、自分にとっては「超能力」に思えたりするってことで。

 

アスリートとかダンサーとかが身につけたフィジカル面での能力も、一般人の我々からすれば、いわば超能力だし

 

世間で求められる「コミュニケーション能力」ってやつも、無い側からすれば…

超能力と言っても過言じゃあるまい!

 

ただ、だから諦めるとか、卑屈になるとかじゃあなくて

 

超能力を持ってても、上手く使いこなせなければ、ただの役立たずだし

 

超能力を持ってる事に気づけなければ、それはいずれ退化してしまうんだろうなと。

 

 

自分が持ってる超能力って一体何だろう?

 

 全く知らない人よりかは…幾分かはネットもカメラも副業も知識はあるだろう。

全く愛想がないヤツよりかは…幾分かは社交性があるだろう。

 

 せっかく手に入れた「超能力」

 

無駄にせず、有効活用出来る日が来るまで鍛えておこう。

 

そう、僕らだって扉くらいは開けられるんだから。

 

 なにも出来ない…って事はない!

 

 

…そんな事を思った本でした☆

 

 

「超能力」…大事にしましょうね!